ARTISTS
影山ヒロノブ

影山ヒロノブHironobu Kageyama

1977年ジャパニーズロック史において輝きを放つバンド「LAZY」のボーカル”ミッシェル”としてデビュー。「赤頭巾ちゃんご用心」「DREAMER」などの名曲を残すが、1981年、惜しまれつつも解散。
1985年ごろ、アニメ・特撮ソングに出会い、「電撃戦隊チェンジマン」「光戦隊マスクマン」「鳥人戦隊ジェットマン」「宇宙船サジタリウス」など後世に残る名番組の主題歌を担当した。

その後も数々のアニメソングを歌い、その中でもフジテレビ系アニメ「ドラゴンボールZ」主題歌「CHA-LA HEAD-CHA-LA」、エンディングテーマ「僕達は天使だった」やテレビ朝日系アニメ「聖闘士星矢」主題歌「ソルジャードリーム~聖闘士神話」などで、日本のアニソン界を代表する地位を確立した。(「CHA-LA HEAD-CHA-LA」はシングル、アルバムなどを併せた累計売り上げ130万枚を超すヒットとなった)

国内外問わずアニメソングの人気はすさまじく、なかでも「ドラゴンボール」は世界各国で人気のある、まさに「日本を代表するアニメ」のひとつ。

そんな「ドラゴンボール」を象徴する曲の一つである「CHA-LA-HEAD-CHA-LA」はドラゴンボールファンから絶大な人気を得ている。

現在では作詞、作曲、編曲、プロデュースをこなす「アニソンアーティスト」として数々のプロジェクトに参加。2000年にその後のアニソン界に大きな足跡を残す「JAM Project」を結成。現在、リーダーとして
この頃から自身のライフワークとしての「アコースティックスタイル」の「影山ヒロノブ」として「月間2本」をノルマとして、全国津々浦々までその音楽を届けている。また、海外での人気も高く現在までに訪問した国は、アジア、北中南米、ヨーロッパ併せて12カ国に上る。

2003年からは毎年世界各地5カ国以上から「ANISON」イベントのオファーを受け、2008年にはついにJAM Projectを率いて日本のアーティストとしては数少ない「ワールドツアー」(世界8カ国10都市)を敢行した。

2017年、デビュー40周年を迎え、記念アルバム「A.O.R」を発売。

2020年JAM Projectが結成20周年を迎え4月を皮切りに20周年記念ライブツアー “JAM Project LIVE 2020 20th Anniversary Tour The Age of Dragon Knights”が開催される。

NEWS